LPガス(LPG)とは、 Liquefied(液化) Petroleum(石油) Gas(ガス)の頭文字をとった液化石油ガスの略称で、プロパン(C3H8)とブタン(C4H10)を主成分とする炭素と水素の化合物です。LPガスは常温常圧では気体ですが、圧力を加えたり冷却することによって簡単に液体になります。
冷却して液化する温度はプロパンで-42℃、ブタンで-0.5℃です。一方、メタン(CH4)を主成分とする天然ガスを液化したものをLNG(Liquefied Natural Gas)と言いますが、LNGは-162℃に冷却しないと液化しません。また、常温(20℃)状態においてプロパンは約0.8MPa、ブタンは約0.2MPaで加圧すれば容易に液化しますが、LNGの場合は-82.6℃より高い温度では、いくら圧力を加えても液化しません。

LPガスは、液体にすると気体の時の体積の約250分の1になるという特徴がありますので、液体のまま家庭、商店、LPガス自動車、工場等に運び、気体にして利用します。また、カセットボンベ、ライター、スプレーなどにも、持ち運びに便利な特性が活かされています。

現在国内で利用されているLPガスは、輸入LPガス(約4分の3)と国産LPガス(約4分の1)から構成されています。輸入LPガスは、サウジアラビアをはじめとした中東地域やその他の地域において、原油や天然ガスに随伴して生産されます。また、国産LPガスは国内で石油を精製して製品化されます。

クリーンエネルギーとしてLPガスのすぐれている点は、次の通りです。
1. 燃焼による排ガス中のCO2量は、石油や石炭に比べて非常に少ない
2. LPガスには硫黄分の含有量がほとんどなく、窒素も含まれていない
3. ススや灰分を出さない
4. オゾン層破壊の心配がない

またLPガスは、体積あたりの総発熱量が天然ガスに比べるとプロパンは約2.5倍、ブタンは約3.3倍と非常に高く、環境によいことと併せハイパワーで高品質なガス体エネルギーなのです。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク